« 鹿野忠雄と今西先生 (中 ) | トップページ | 西川一三を語る (上) »

2010/03/21

鹿野忠雄と今西先生 (下)

日本は満州事変、日中戦争、太平洋戦争へと激動 の時代に突入します。この頃の二人は今西は1933年(昭和8年)京都帝大理学部講師嘱託(無休・常勤)となり、鹿野は台湾総督府嘱託、渋沢敬三・学術振興会の援助、軍専従嘱託等を経ながら調査に打ち込み定職にはつかずにいました。

今西はカゲロウで学位をとり、鹿野は所属する東京帝大ではなく京都帝大で学位をとった。 山岳書で今西が「山岳省察」を出版、鹿野も「山と雲と蕃人と」を出版する。 今西はヒマラヤ計画が流れると、とどまらずに組織を作り上げ、南樺太・冬期白頭山遠征・内蒙古・ポナペ調査・北部大興安嶺・西北研究所と動く。 鹿野はベースを台湾に置き、調査を重ねながら、紅頭嶼・白頭山・フィリッピン・北ボルネオと動く。二人は行動の中で自らの学問形成をはかってゆきます。

ここに一枚の写真があります。 以前も見たことのある写真だったが、金子之史「ネズミの分類学」(2006刊)ではっきした。 それによると・・・この一枚の写真は可児藤吉の「生態学ノート」の巻頭にあり、1940年暮れの鹿野忠雄学位論文提出祝賀会で、京都三条の三島亭に鹿野の論文提出を祝して集まった6人で前列、今西・鹿野・可児・森下、後列安江・徳田とあります。

鹿野忠雄と今西先生の間柄は、お互いの記述の中に確認することは難しいのですが、この写真はある程度のことを物語っています。 そして伊谷さんが今西先生から伺った、鹿野忠雄の回想は案外深いところのものだったのかもしれません。 山と云う共通の認識が、同じ対象物にも目が向けられたこともあったでしょう。 今西先生は道半ばで夭折された方については、あまり語らなかった人だったような気がするのです。

お互いに組織と個、学問の方法論の違いはあったかもしれないがフィールドを舞台とし、専門の領域にこだわらず、自分の目と頭で見てゆくのだと、日本の激動期に東と西の両雄は胎動をはじめておりました。 まるでこうでなければならないというように、残っている写真ではお二人とも白い探検用のヘルメット姿が良く似合っていました。 

1945年(昭和20年)8月15日の終戦、9月2日の降伏終結となるのですが、鹿野忠雄は1945年7月15日を境に消息を絶ちました。今西先生は張家口で終戦、翌年の帰国でした。

1977年(昭和52年7月)、今西先生以下で台湾雪山(旧称、次高山3,886m)登山へ出発しました。 台湾の最高峰はり玉山(旧称新高山3,950m)です。 双方とも一等三角点が残されています。 先生の常の登山姿勢からは、台湾の山が登場するのは少し唐突な気がしました。 最高峰でなくなぜ雪山だったのか、これには何か思いがあったのだろうか。 もちろん山へ行くから三角点の山も目的だったのでしょうが、 先生に問うてみればよかったと思っています。 
先生は、この頃にはすでに公職は退かれており、日本山岳会会長
職も4月には退任され、そういう意味では晴れて本当の晩年という
時でした。 ただこの年は園子夫人を亡くされた年でもありました。 忌明けを待っての出発でした。 

その時の、雪山登山は、かつて鹿野がサクラマス調査でも長く滞在したシカヨウ社(現、環山)を経て、次高山(現、雪山)へ、道すがら樹木の枝先の葉を、手の感触で確認しながら歩いておられました。 三六九山屋(3,100m)で大型台風に遭遇、強風と殴りつけるような大粒の雨にあおられる粗末な板小屋で長い停滞に会い、時間切れにて下山のやむ無きにいたり、台風の爪痕残るなかを下山しました。 

この先は、一つの推測と思われお読みください。
もしこの時が、快晴であったなら次高山のカールを見、鹿野が研究に取り組んだ次高山を、わが目で心ゆくまで眺められたことだろ
うに。 時はちょうど7月の下旬、山頂で東南の方角海のかなたは、「人間以前の社会」(1951)の序に ― 私は本書をサイパンで戦死した一人の友人にささげる。可児藤吉・・・― 可児が戦死したサイパン島の位置だ。 見えることはないが南 の彼方には鹿野の消息の断ったボルネオがある、これも7月下旬。 先生はあの当時の徳田研究室の雰囲気を思い出していたのだろうか。 この人たちはみな巧みに絡み合っていたのだ。
過去は振り返らないといわれていた先生だが、去来するものはあったのではないだろうか。 ただただこれはあくまで推察にすぎないのだが・・・。

今西先生は柳田國男が「海上の道」を最後の著書として完結に至ったことをたとえて、俺もあの最後を目指すと、おっしゃっておられました。 先生の、それは「自然学の提唱」そして「『生物の世界』への回帰」であったのだろうか。



« 鹿野忠雄と今西先生 (中 ) | トップページ | 西川一三を語る (上) »