« AFRICA 1958 ( 3) | トップページ | AFRICA 1958 ( 5) »

2010/07/28

AFRICA 1958 ( 4)


「・・・窓ハ編戸ニナッテイテ、湖ノ方カラツメタイ風ガサカンニ吹イテクル、コレハナニヨリノ御馳走ダ、ココハホトンド赤道ノ下ナンダカラ、冷シイナドトハイエタ義理デハナイハズナンダカラ・・・」 ウガンダ、ヴィクトリア湖の湖畔に位置する閑静なきれいな場所であるエンテベのホテルでは御機嫌である。 
エンテベは1962年独立をするまでは、イギリス領ウガンダの首都とされていた。 現在も国際空港はエンベテにある。
東アフリカ諸国をつなぐヴィクトリア湖は、世界第3位の大きさである。 水面標高が1134m、ちなみにカンパラの標高でさえ1千2~300mぐらいはあるだろうか。

エンテベでの2日間は忙しかった。 
日中は、歩くとやはり汗が出てくるのだ、が気持のよい汗だ。 この赤道の 暑さは暑いといえど真夏の暑さでなく、春の暑さという方が良い、と感想を述べている。 Game Worden の Mayor Kinloch 氏に会いにゆく、Kinloch 氏の不在のあいだ Mr.Anderson と云う人が相手をしてくれ、ゴリラ、チンプのことを書いたパンフを貸してくれた。 Ruwenzori に登りたいのだが、の相談には、山に明るい人を紹介してくれた。 その後、現れた Kinloch氏は役人らしさがなく、にこやかに応対してくれ、地図とパンフをくれた。 そしてチンプのbaby がいるから案内させると、案内人を付けてくれた。 そのチンパンジーはウガンダで捕れたもので、チンプのいるところが大分はっきりした。
次に Ruwenzori の件で紹介してもらった Mr.Osmaston 氏を自宅に訪ねた。 Uganda mountaineering club 発行の案内パンフと地図をくれた。 山の話、アフリカの植物のについて沢山教えられる、vebitation への興味が あると知ると本を貸してくれた。 そして現地で、山に明るい人への連絡を取ってくれると約束してくれた。
「ドノ人モ コノ人モ 親切ナ人バカリダ・・・」 とある。
遅くまで、今日もらった資料読みにかかってしまったが、しかしまだ借りた文献がある。 ここでは暇があると思っていたが、とても暇などはなかったのである。  

翌日、「・・・昨夜ハ相当オソクマデ文献ヨミニカカッテシマッタ、ネタノハ2時ヲマワッテイタダロー、シカシマダ昨日カリタ文献ガノコッテイル、breakfastノノチ、伊谷ニLandOffice デ地図ヲ買ウノト、モウ一度 Mayor Kinloch ヲタズネテ Baumgartel 宛ノ紹介状ヲモラウ仕事ヲ引キウケテモラウ、ソノ間コチラハroomデ文献読ミヲツヅケタ、昨日イライ次第ニRuwenzori ニ対スル興味ガワイテキタ、 ・・・・・・・・オレモ日本ヤヒマラヤデ Höhenstufen ヲヤッテキタモノダ、Africaデモコノ問題ニ素知ラヌ顔ヲスルワケニハユカナイノデアル・・・」と、言っているのだ。
午後、Osmaston 氏の office を訪ねて好意に礼を述べ、昨日の興味ある本を一冊借りることをお願いする。 
「・・・彼ハ困ッタヨーナ顔ダッタケレド、ヨカロートイッテ、・・・」 
大事な本のようだったが、わざわざビニールの袋に入れてから貸してくれた。
それから前日見逃した Botanical garden に寄る。 tropical rainforest の model がつくってあった。 
そして最後に いろいろなサルが飼われているという、 East African Virus Research Institute へ行った。  そこでMr.Alec Haddow 氏にあう。 言葉はすくなくてもお互いの共通の interest というものがあり、お互いに通いあうものがあると見える。 彼は primatologist だ。 J.M.Cにある本にくらべて、彼の書庫にある本は、ずっと手垢がよけいについていた。 彼が使用しているに違いない。 再会を約して別れ、カンパラにむかった。
56歳と云えば決して若いとはいえない歳であるが、新しい知識にむかうこの貪欲さは何であろうか。 
カンパラのホテルに土屋、藤島両氏あらわれる。この藤島氏は岳人でもあった藤島敏男の子息である。

さすがにカンパラに着いた翌朝は、なんだか二日酔いのような体調になり、食欲がなかった。 前夜は伊谷に薬をもらって飲んで寝たようだ。 
伊谷と藤島は自動車の交渉に行ってもらった。 
用事で外出をするが、この日は疲れのせいか忘れ物をよくする日だった。  自動車交渉は桑島氏のおかげで予想外にうまくいったと報告を受ける。 
約束の時間に Uganda mountaineering club の Mr.Rothery 氏がホテルにきてくれた。 若いが話もゆっくり話してくれよくわかる。伊谷もでてきて会った。 いろいろの紹介や、Fort Portal の地方責任者へ紹介状を書いてくれ 、自分でも手紙を出しておくと言ってくれた。
「山男ハ Osmaston トイイ Rothery トイイ、ミナ物静カナ、親切ナ男バカリノヨーナ気ガスル、ウレシクナッタ」 とあるのだ。 

完全休養日を設けたカンパラ二日目に、カンパラ在住の噂の日本人桑島氏に初めて会った。 小柄な人だった、そとの暮らしが長いのでもう日本語を忘れてしまった、と云うのはウソだった。 夕食の招待を受ける。 日中は休み、日本への手紙かきをする。

カンパラ最後の日、桑島氏にいろいろな買い物をお願いする。 Kisoro の camp でお粥が啜れるように桑島氏が 茶碗を用意してくれた。 午后に荷物がそろったので詰め替え作業をする。 ジュラルミンのスーツケース、ショルダー、リュック、最後にいつも持ってゆく、薄汚いカラコラム帰りの何でも入れを持ってゆく。 会計予算、一日一人75shr でやってゆくことにする。
 Information office に Baumgartel 氏から待っているという 手紙が着いていた。 夕方、桑島氏が婦人同伴でこられ、醤油(支那)、味噌、もろみの缶詰めをいただいた。夕食にご一緒にと誘うが子供を病院へ連れてゆかねばならぬと云うので後日を約す。
「・・ベランダデ冷ム 月ハ中天ニアリ 街ハネシズマッテイル・・」
自動車も用意ができた。 カンパラでの準備も終了、いよいよ明日から20日間のウガンダ、ゴリラ調査だ。



以下次回へ






« AFRICA 1958 ( 3) | トップページ | AFRICA 1958 ( 5) »